三位一体の主日

三位一体主日のミサが行われました。

父である神と、神の子であるイエス・キリストと、聖霊の三つは一体のものであり、この三者は、唯一の神がそれぞれの姿で現れたものという説。

1200年代に解釈されたこの説はいまでもカトリック教会においては主たる教義にあり受け継いできています。 

父なる神、子なる神、聖霊なる神の配置に様々なバリエーションが『三位一体の盾』にある事を示す図。(上記図及び解説はwikipediaより引用しました)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA